2018年06月24日

菜穂子おばちゃま、ありがとう


6月20日、大切な叔母が64年間の生涯を終えた


3姉妹の歳が少し離れた末っ子の相模原の叔母

母が長女でそのすぐ下に茅ケ崎の叔母
そしてこの相模原の叔母

相模原の叔母は祖父母と住んでいたので
私が一人で日本に帰って来た高校3年間を一緒に暮らした

日本の生活に慣れた頃には部活が忙しくなり
長期休暇にはKLの実家に帰ったり部活の合宿があったりして
叔母とは毎晩祖母が作ってくれたお夕飯の後片付けを
一緒にする時間に他愛のないお喋りをしたくらいしか
当時の思い出が余りない


叔母は外資企業役職でバリバリ働いていて、憧の存在でもあった
96年入社の私でさえまだ女性総合職2年目採用だったような時代の
20年くらい前に既に総合職として働いていたなんて

お洒落で器用で賢くて

アメリカから帰って来たばかりで日本の常識がわからず困った時には
必ずまず電話したのがこの叔母だった

大人になってからは一緒に旅行も行ったね

興味を持つと必ずなんでも極めてプロ級の作品を作る叔母

キャンドルも、刺繍も、フラワーアレンジメントも・・・
他にも沢山の作品があって、こだわって、好きな物だけに囲まれた
素敵な自宅で、愛する猫たちと最期まで過ごせて良かった


最後の3カ月くらいは頻繁に相模原に通ってお手伝いしながら
多分それまでの合計より沢山の話をしたと思う

少しでも叔母の力になれて良かった

手伝わせてくれてありがとう

信頼して相談してくれて、任せてくれて、ありがとう


訪問介護や看護のシステムの複雑さや利用し辛さ等もすごく学んだ
何のための誰の為のシステムなんだろう・・・


それでも訪問看護や医療の先生方は本当の親身になって
話を聞いて下さり、良くして下さった事に感謝しています


ここに書く事を迷ったけれど、ここ3カ月ほど忙しくて
メールやメッセージのお返事が滞っていたり、お誘いを断ったり
イベントやワークショップをキャンセルしたり
事情を話していた友達もいるので
個別にお話しする気持ちにまだなれないので
ここに書く事で知って頂けたらと思って


叔母の希望通り近い家族だけで自宅から叔母を見送り
自宅に帰って来たけれど、家事や仕事やハンドメイドや・・・
やる事は山積みなのに何もしたくなくて、考えたくなくて
まる2日間殆ど寝て過ごし、今日のお昼に娘が
「お母さん、お腹空いたよ〜お昼どうする?」って言う声でハッとして
私にはやるべき事が沢山あるんだからしっかりしなくちゃ!と
二人でお昼を食べたら何だかいつの間にかいつもの日常に戻っていて
真っ先にした事は
ジャムにしようと思って買ってあった大石プラムを煮た事だった

叔母が2週間くらい前に、毎年自分で煮るプラム、あれをまた作って
食べたいなと言っていたのを思い出した

綺麗なピンク色のプラムジャム
甘酸っぱくて美味しいジャムが出来上がりました
叔母にも食べさせてあげたかったな


今は痛みから解放され、おじいちゃま・おばあちゃま・マグ・ココ・
はなちゃんたちに会ってるかな〜


posted by meow at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ドラムのバチケース


ドラムのバチを入れる巾着型ケースをオーダー頂きました

201806-01s.jpg
素材:羊毛-メリノウール100%、糸-コットン100%、紐-牛本革

こちらの色々な事情で材料調達に時間が掛ってしまい
2カ月近くもお待たせしてしまい大変申し訳なかったです・・・
直接お渡ししていないので、反応がドキドキですが
気に入って使って頂けたら嬉しいです

この羊毛のピンクでと言うオーダーを頂いていたので
似合うコットン糸(伸び縮みが余りないように)を探すのに苦労しましたが
糸専門店アヴリルで見付けた細〜い糸を4本取りする事により
納得のマッチングカラーのケースが出来上がりました

遅くなったお詫びに小さいなガマ口小物入れもお揃いでお作りしました

michiruさんはケースに合わせてピンクのバチを購入されたそうです

オーダー下さったmichiruさん
ご紹介下さった田村さん
素敵な機会をありがとうございました


posted by meow at 09:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする